丸印と角印の違いについて知っておこう

印鑑は自分用として使うもの以外にも法人用として使う印鑑が存在しています。その中でも請求書や契約書などで使用する印鑑は丸印と角印の2つが存在しています。これらの2つについて印鑑であることは間違いありませんが、角印と丸印で使用用途が異なるため、よくわからないという方のためにも解説します。

まず丸印について説明をしますが、丸印は法人の実印として使う印鑑です。主に会社団体や法人登記をした際に法務局に登記している印鑑です。基本的には中央部分に代表取締役印や取締役印などの記載がされていることが多く、その周囲を囲むように丸く作られているのが丸印です。

続いて角印について説明しますが、角印は実印とは違い、分かりやすく説明すると法人の認印のようなものです。その為、見積書や請求書、領収書などで使用されることが多く、法人印の中でも最も多く使用されるタイプの印鑑です。しかし、認印ではありますが、大切な印鑑であるので基本的に押すときには会社の役職に就いている人が管理することが多いと言われています。

このようにそれぞれの種類の印鑑がどのように異なるのか説明をしましたが、それぞれに違った部分があるので、全く知らなかったという人は参考にするといいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket