丸印と角印の違いについて知っておこう

印鑑は自分用として使うもの以外にも法人用として使う印鑑が存在しています。その中でも請求書や契約書などで使用する印鑑は丸印と角印の2つが存在しています。これらの2つについて印鑑であることは間違いありませんが、角印と丸印で使用用途が異なるため、よくわからないという方のためにも解説します。

まず丸印について説明をしますが、丸印は法人の実印として使う印鑑です。主に会社団体や法人登記をした際に法務局に登記している印鑑です。基本的には中央部分に代表取締役印や取締役印などの記載がされていることが多く、その周囲を囲むように丸く作られているのが丸印です。

続いて角印について説明しますが、角印は実印とは違い、分かりやすく説明すると法人の認印のようなものです。その為、見積書や請求書、領収書などで使用されることが多く、法人印の中でも最も多く使用されるタイプの印鑑です。しかし、認印ではありますが、大切な印鑑であるので基本的に押すときには会社の役職に就いている人が管理することが多いと言われています。

このようにそれぞれの種類の印鑑がどのように異なるのか説明をしましたが、それぞれに違った部分があるので、全く知らなかったという人は参考にするといいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

通販でもできる手彫りについて

通販で印鑑を作成する際には職人による手掘りで作ることはできないのではないかと思っている人も多いでしょう。実際に機械彫りで対応しているところが多くなっていますが、中には手彫りに対応してくれる通販サイトも存在しています。印鑑の作成は手彫りの方が魅力的な部分は多いと言われていますが、なぜ手彫りが選ばれるのでしょうか。ここではその理由について紹介します。

まず1つ目に魅力的な部分は丈夫さです。機械彫りも近年は技術が上がってきているので簡単には劣化はしませんが、彫りが浅いのがデメリットとなるため、欠けやすいと言われています。欠けてしまうと綺麗に捺印をすることができなくなり、処分をすることになりますが、銀行印や実印の登録なら再度申請するのに手続きが面倒になります。面倒な手続きを減らすためにも耐久性は重要ですが、手彫りなら深く掘ることができるので、簡単には劣化しません。欠ける可能性も少ないので何十年も使用することができます。

また、2つ目は安全性が高いのも魅力的な部分です。機械彫りの特徴としては文字の形や大きさが統一に作れることです。しかし、手彫りの場合は一つひとつのオーダーによって形や文字の大きさが異なります。その為、偽造される可能性は低く、安全性も高いのがメリットです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑を通販で購入する際のポイント

印鑑を購入する際には大きく分けると通販と実店舗という二種類の方法が存在しています。その中でも通販は人気が高くなっていますが、購入する際にはいくつか調べておきたいポイントが存在しているので、ここでは購入する際のポイントについて紹介します。

まず、1つ目のポイントとしては様々な書体に対応してくれるかどうかについて確認しておきましょう。例えば実印や銀行印を作成する際にはなるべく偽造がされないような書体を選ぶことが多くなっていますが、通販によっては複雑な書体に対応していないところも存在しています。登録する印鑑などによっても異なりますが、書体は重要なポイントになるので、通販で購入する前には事前に調べておいた方がいいでしょう。

続いて2つ目はスピード出荷に対応しているかについても確認をしておきましょう。印鑑は作り方によっても異なりますが、通販サイトによっては何か月も出荷に時間がかかるというところも存在しています。印鑑を早めに作りたいと思っている人は出荷までのスピードも重視している人がいますが、なるべく早く作り上げたいなら、即日出荷など、スピード出荷に対応している通販サイトを選ぶようにするといいでしょう。

推奨サイト-印鑑通販
└即日出荷対応をしている印鑑の通販サイトです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket